アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン5の第9話「天才ゲーマーの真実」を見ました。
今回は、郵便配達員として仕事をしながらも、ゲームの世界チャンピオンとして有名な人物が被害者になるというストーリーでした。ゲームは全くやらないので分からないことだらけだったのですが、思ったよりレトロな雰囲気のゲームなんだなと感じました。マニアの人たちには、こういった昔ながらのものが好まれるのだそうです。
一方、アバターの映画チケットが当たったフィッシャーは、ジャックとスイーツと一緒に見に行くことになります。人気作のため並ばなければならず、上司のカミールに見つからないように交代でラボを抜け出す様子が笑えました。特にフィッシャーは飄々としているので嘘も上手いかと思いきや、走ったので息が上がってしまい不審がられていて面白かったです。
そして実験時に上着を脱いだジャックが、思いのほか筋肉ムキムキだったのでびっくりしました。でもアンジェラの顔のタトゥーは不自然でおかしかったです。アイフル インターネット申し込み